福祉科日記

福祉科日誌

シーツ交換の介護

2年次生活支援技術の授業でシーツ交換の介護を学習しました。

利用者役の生徒がベッドに寝たまま新しいシーツに交換します。

シーツにしわができないように、利用者に負担がかからないように何度も練習を重ね、とてもきれいに仕上げることができました。

 

介護職員初任者研修 実習事前オリエンテーションを実施

3年次研修生24名が夏休みに行う介護実習の事前オリエンテーションに行ってきました。

介護実習では特別養護老人ホームやデイサービスセンターにおいて、利用者様とのコミュニケーションや基本的な介護技術を学びます。

 

実習施設は以下の施設です。

特別養護老人ホーム むさしの園わかば

特別養護老人ホーム つつじの園

特別養護老人ホーム さやま苑

特別養護老人ホーム さくら

 

 

【1年次生対象】介護職員初任者研修説明会

5月7日(火)介護職員初任者研修についての説明会を実施しました。

本校では福祉の科目を選択し必要な養成課程(2,3年次)を修了すると、介護職員初任者研修の資格を取得することができます。

緑陽生のみなさん、一緒に介護の資格取得を目指しませんか?

2回目の説明会を5月15日(水)に行います。(内容は1回目と同様です)

〈たくさんの1年次生が説明会に参加しました。〉

 

手洗いチェッカーで洗い残しチェック!

2年次生活支援技術の授業で手洗いについて学びました。

感染症予防対策には正しい手洗いを身に付ける必要があります。

専用の機器を使うと、洗い残しが光り、手洗いが正しくできているかを理解することができます。

  

楽しみながら正しい手洗いの方法を学びました。

 

『介護職員初任者研修 修了式』を行いました!

介護職員初任者研修の修了式を行い、3年次生19名が修了証を授与されました。

2、3年次の2年間で講義や施設実習を行い、介護の基礎的な知識やスキルを身に着けることができました。

 

       

研修生の皆さんおめでとうございます!これからも狭山緑陽高校福祉科で学んだ知識や技術を生かし、介護のプロとして活躍してください!応援しています!!

緑陽サロンを開きました

3年次介護総合演習の授業で緑陽サロンと称して手浴とハンドマッサージの授業を行いました。

当日は3年次生今年度最後の全員参加の授業でした。お世話になった先生方をお招きし、温かいお湯に手を浸してマッサージを行いました。

和やかな空気に楽しいお話が弾み、手も心も温まっていただきました。

〈Ⅰ部の様子〉

    

〈Ⅱ部の様子〉

   

紙おむつの交換 実習

2年次生活支援技術の授業で紙おむつ交換の実習を行いました。

実習人形を用い説明を受けた後、生徒同士で実習を行いました。

「プライバシーに配慮しながらも手早く。」を心掛け、おむつがずれないように気を付けながら実習しました。

紙おむつの給水実験

2年次生活支援技術の授業で「排泄の支援」を学習しています。

今回は紙おむつに500ミリリットルの水を徐々に垂らして水分が吸収されていく様子を観察し、触って感触を確かめました。

実際に水分が吸収されると予想以上に重さがあったり、適切な処分の方法も学びました。

 

清拭(せいしき)の実習

2年次生 生活支援技術の授業で清拭について学びました。

清拭とはケガや病気等で入浴できない場合に蒸しタオルで体を拭くことです。

授業ではウォッシュクロス(おしぼりタオル)の正しい使い方と、実際に顔の清拭と腕の清拭を行いました。

 

 

介護の魅力PR隊の出張介護授業

12月4日(月)2年次生対象に「介護の魅力PR隊の出張介護授業」が行われました。

介護の魅力PR隊は、福祉の現場で働かれている職員のみなさまが、学校で出張介護授業を行い、介護の良さを伝える活動をされています。

今回の講師は、

埼玉県社会福祉協議会 福祉人材センター 片桐 啓太 様、

医療法人くすのき会 介護老人保健施設 飯能ケアセンター楠苑の栗田広基 様です。

片桐様には、福祉が私たちの生活を支えてくれていること、さまざまな福祉の現場で活躍している若い人たちが多くいることを教えていただきました。

栗田様には、ご利用者様一人一人に寄り添って支援されている日々の様子を、実際の現場のエピソードを交えながら楽しく教えていただきました。

非常に充実した内容で、あっという間の45分間でした。

生徒の感想に、「介護は大変だけじゃないってわかって、イメージが変わった」「私もおじいちゃんやおばあちゃんと話してみたくなった」などの声があり、介護の仕事に興味をもってくれた様子です。

片桐様、栗田様、貴重なお話を本当にありがとうございました。

 

 

筑波大学付属坂戸高校にて福祉科教員研修会を行いました。

11月13日(月)国立筑波大学付属坂戸高校にて「埼玉県高等学校福祉教育研究会第2回研修会」を行いました。

筑波大学付属坂戸高校の2年生選択「社会福祉基礎」の授業でユニバーサルスポーツの開発と実践の授業に参加させていただきました。

ユニバーサルスポーツとは、年齢・性別・障害の有無に関わらず誰もが楽しめるスポーツです。

生徒と県内の福祉科教員とは初対面でしたが、とても楽しく参加させていただき、また課題なども一緒に考えさせていただきました。

筑波大学付属坂戸高校の皆さんありがとうございました!

 

 

 

 

 

研修会では吹上秋桜高校と誠和福祉高校で実施された研究授業の報告もあり、研修で得た学びを県内福祉系高校で活かしていきたいと思います。

介護総合演習~障害者スポーツ体験~

3年生介護総合演習(基礎コース)の授業内で「ゴールボール」という障害者スポーツを行いました。

鈴が入っていているボールを使用し、アイマスクをして目が見えない状態となり、ボールを転がします。鈴の音を頼りにゴールを守り、シュートを決めます。

音を立てないように静かな中で白熱したゲームを行い、視覚障害のある方のスポーツについて楽しく体験できました!

車いす介助の実習を行いました。

2年次生活支援授業にて車いす実習を行いました。

車いすの開き方・たたみ方を学び、段差の上り下り、スロープ、砂利道の介助また自分で車いすを操作する「自走」も体験しました。

 

生徒の感想

「優しく声をかけてくれて安心して乗れました」

「砂利道は前輪を浮かせて操作すると進めました」

「街で介助が必要な方に介助したいと思います」

*初めて車いす体験をした生徒もいましたが、安全に実習できました!

クロックポジション

3年次コミュニケーション技術の授業で視覚に障がいを持つ人の食事介助【クロックポジション】(位置情報の指示方法)を体験学習しました。

 

利用者さんのご希望する食べたいものを聞いて…

 

メニューを考え選んで…

時計の文字盤にそってお食事を説明をしました。

 

 

利用者役の感想

「目が見えない中で大変だったけど何時の方向と言われ分かりやすかった」

 

「さっぱりとしたものを注文したら、胃に優しいメニューを出してくれた」等

 

介助者役の感想

「全盲なので醤油やワサビの量など人それぞれ好みが変わるものをどれくらいほしいか考えるのが難しかった」

「時計に例えてご飯の説明すると意外と相手に伝わっていたのを実感できた」

「もっと具体的に説明した方が伝わりやすいのかな~と思った」

「熱いものや飲み物は手が届かない場所にした」等

 

体験してみて初めて知ることが多かったようです。

 また、話も弾み和やかな雰囲気で食事を楽しむことが出来ました

介護入門的研修

「介護に関する入門的研修(基礎講座)」&「就労相談会」が本校で行われました。

 

☞自分のスマホやパソコンで自分のタイミングで入門講座を3時間をeラーニングで受けることが出来ます。

修了者には、埼玉県より「修了証」が発行されます。

 

 

就業・アルバイトについての相談会では、(株)シグマスタッフ就労支援コーディネーターの方がとても親切に生徒の話を聞いてくださり、一人ひとりの希望を叶えようと個別相談をしてくださいました。

 

本校では、沢山のボランティア等の活動の案内が届きます。

福祉の世界に興味のある人は、緑陽高校で夢の実現に向けて一歩踏み出してみませんか?

 

福祉研究発表会 出場

第6回関東地区高校生福祉教育研究会兼関東地区福祉研究発表会予選会

令和5年7月25日(火)会場:滑川総合高校

3年次の生徒3名が介護技術部門に出場しました!

(競技時間7分間、アピールポイント2分間)

結果は、優良賞受賞お祝い

 

 この大会では、県内の高校生が日頃学んでいる福祉の知識や技術を互いに発表することで、交流を深めたり、自分たちの学びについて気付きを得たりすることを目的としています。

 

 毎日の練習では、課題の利用者の方に対して一生懸命に向き合う姿がみられ、協力しながら作り上げた成果を当日は発揮することが出来、とっても立派でした!

「出て本当に良かったです」

「本番は緊張したけど練習通りにできました」

など生徒たちの自信にも繋がったようですにっこり

 

 応援してくださった保護者の方々や先生方、本当にありがとうございました。

 

 

インスタントシニア体験

2年次生活支援技術授業でインスタントシニア体験を行いました。

ひざやひじが曲がりにくくなるサポータや白色にぼやけて見えるアイマスク、手足におもりなどをつけるなどして、体が不自由になる体験を行いました。

 

生徒からは、「腰が痛い」、「お年寄りはこんなに大変なんだ」「色が見えにくい」など感想があがりました。

 

3年次生 介護実習事前オリエンテーション

介護職員初任者研修生の3年次生は夏休みに特別養護老人ホームで介護実習を行います。

研修生は狭山市内の実習施設で事前オリエンテーションを行いました。

施設内の見学をさせていただいたり、実習における心得等を施設職員の方より説明していただきました。

 

研修生の皆さん、夏休みの介護実習に向けて頑張りましょう!

ベットメイキング練習

2年次生活支援技術の授業でベッドメイキングを行いました。

 

二人一組でシーツを畳み、しわやたるみのないきれいなベッドの仕上がりを目指し、何回も練習しました。

ベッドの角は三角形のきれいな折り目ができていれば合格です合格

 

 

介護の魅力発信動画

埼玉県が作成した介護の魅力発信動画です。

狭山緑陽高校では介護職員初任者研修の資格が取得できます。

毎年、多数介護職員として就職もしています。

ぜひご覧ください。

 

 

 

《内 容》

(1)【親子対談】自分の子が介護職に、そのとき親は?!
「自分の子が介護の仕事をすると聞いた時は本当にびっくりして…反対
しました。」それから10年、介護職として働く子と見守ってきた母の対談
動画です。
(2)【現役職員対談】若手介護職が語る介護への想い!
現役の若手介護職3人が、実際に言われた周りの人からのマイナスな言
葉、言われて嬉しかった言葉を振り返るとともに、介護の魅力、介護の仕
事を通じた自分自身の成長等について熱く語り合います。
(3)【データが語る】介護業界の本当の姿
介護業界は「給料が安い」「休めないキツイ仕事」、そういった印象を払
拭する、データに基づく介護業界の本当の姿を紹介します。

福祉科教員研修を行いました。

埼玉県内の福祉科教員が集まり、研修会を行いました。

福祉の授業について、介護施設での実習についてなど報告や協議を行いました。

 

 

〔11月22日(火)誠和福祉高校での研修会の様子〕

 

埼玉県内には、福祉を学び介護職員初任者研修などの資格を取得できる高校があります。

狭山緑陽高校は介護職員初任者研修を取得することができ、卒業生は介護施設等で活躍しています。

 

高齢者疑似体験(シニア体験)

2年次 福祉科目『生活支援技術』で高齢者疑似体験(シニア体験)を行いました。

手足や背中に装具を付け、手足が曲げ伸ばししにくい状態、黄色がかったゴーグルを付け色の識別がしにくい状態などを模擬的に体験し、身体が不自由な状態を体験しました。

校舎内の移動や自動販売機での飲み物の購入など、普段行っていることに時間がかかったり、身体の負担を実感しました。

生徒同士は手助けをしたり、やさしく声を掛け合いながら貴重な体験ができました。

 

 

 

 

『介護職員初任者研修説明会』を実施

1年次生対象に『介護職員初任者研修』についての説明会を実施しました。

狭山緑陽高校では、2,3年次で必要な研修(授業や現場実習等)を受講すると『介護職員初任者研修』の資格が得られます。この資格は、介護の基本的な知識や技術を学び、卒業後の進路に活かすことができます。

1年次の皆さん、資格取得をめざし、是非一緒に頑張りましょう。

 

介護ベッドの『ベッドメイキング』

福祉選択科目 生活支援技術の授業でベッドメイキングを学習しました。

介護のベッドでは二人一組で協力し、しわなくきれいに仕上げることがポイントです。ベッドメイキングは介護技術の第一歩です。初めて学習しましたが、とてもきれいにできました。