軟式野球部

軟式野球

部員募集中です!

◎部員数   1年  1人
       2年  4人
       3年  8人
       合計 13人

◎活動日   平日 16:15~18:00
       休日  9:00~13:00 または 13:00~17:00
       ※基本的に、月曜日か火曜日がOFFです。
        大会前以外の土日は、どちらかOFFになります。
        部員と相談して、適宜OFFを入れます。

◎目標    緑陽高校野球部初の全国大会出場!

◎主な戦績  R1年度 全国大会埼玉県予選 第3位

◎顧問より
  『楽しんで勝つ!』をモットーに、野球部は明るく楽しく練習をしています。
  練習でも笑顔が絶えず、時に真剣に、時にふざけ合い、やるときはやる部員たちです!
  緑陽高校は、落ち着いた雰囲気の学校です。勉強も基礎基本からやり直します!
  一緒に、狭山緑陽高校野球部で、【新しい自分】を発見しませんか?
  自分の可能性を信じ、一歩踏み出してみてください!
  いつでも練習の見学にお越しください♪ 部員一同お待ちしております!

令和元年度 定通総体兼全国大会埼玉県予選結果

◎準決勝 7月10日(水)
                 狭山緑陽(2対9)大川学園  敗退
      埼玉県第3位!!
 

    
 

顧問より

:『夢を見させてくれてありがとう!』 今、部員たちに1番伝えたい言葉です。
 4月から監督となり、部員が5人しかいない中でのスタートでした。そんな中、集まってくれた
 計13名の部員達には感謝しかありません。

  結果は、埼玉県第3位!! 野球部はここ数年、勝ち星がなかったので、快挙です!
 胸を張っていいと思います。
  
  ただ、非常に悔しい気持ちでいっぱいです。準決勝では、自分たちの力を十分に発揮することが
 できませんでした。監督として、力のなさを実感しました。
  部員たちとともに、反省をし、もっともっと細かいプレーができるよう、練習に取り組んでいき
 たいと思います。次は県民総体(9月)です。今大会の結果を上回ることができるよう、しっかり
 と準備をしていきたいです。応援ありがとうございました!

令和元年度 定通総体兼全国大会埼玉県予選


◎2回戦 6月23日(日)
                狭山緑陽(5対4)戸田翔陽  勝利
  

 

顧問より

:梅雨の時期らしい空模様の中、部員たちは初回から集中して試合に臨むことができました。ユニフォームを新しくした初戦ということもあり、『なにがなんでも勝つ!』という気迫が伝わってきた試合でした。内容としては、シード校相手に、先制をしておきながらも、ミスが非常に多く、苦しい展開となってしまいました。ただ、7回を戦い抜けたという意味では、収穫があった試合でした。

 部員たちは一戦一戦成長しています。準決勝に向けて、反省点を洗い出し、質の高い練習をしていきたいと思います。

 

 とりあえず、ベスト4です。次を突破すれば、先輩方の最高成績である準優勝に並ぶことができます。

 次の対戦相手は、シード校である大川学園高校です。野球に取り組む姿勢が非常に素晴らしい強豪校です!胸を借りるつもりで全力で頑張ります!

 
 期日は、7月6日(土)1230~です。 ※雨天順延となりました。

 期日は、7月10日(水)12:30~です。
 会場は、戸田北部公園野球場です。 応援よろしくお願いします!

令和元年度 定通総体兼全国大会埼玉県予選

令和元年度 定通総体兼全国大会埼玉県予選
  ◎1回戦 6月16日(日)
           狭山緑陽(22対2)川口市立 勝利(4回コールド)

 
 

  顧問より

    :初の全国大会出場に向けて、大事な初戦を突破できて、本当に良かったです。現3年生は、1年生のときから一度も勝利したことがなく、なんとか勝たせてあげたかったので、この勝利は感極まるものがありました。

    練習をよくやる部員たちなので、まだまだ熱く長い夏にしていきたいと思います!

   次の対戦相手は、シード校である戸田翔陽高校です。新人戦では、苦杯を嘗めさせられているので、全員野球で必ずリベンジしたいと思います!

    期日は23日(日)1230~です。応援よろしくお願いします!

 

令和元年度新人戦速報②

令和元年度 新人戦

3試合目 525日(土)

       狭山緑陽(32)清和学園  勝利

 

 

顧問より

:対戦相手は、昨年度優勝校である清和学園でした。初回から幸先よく先制し、守備でも練習の成果を存分に発揮し、ノーエラーで勝利することができました。

 6月の全国予選に向けて、最後の試合ということで、選手たちもいい表情で試合に臨めました。決して奢らず・緩まず・勘違いせず、『挑戦者である』ということを忘れず、残り少ない練習をしっかりと頑張っていきたいと思います。


4試合目 525日(土)

  狭山緑陽・清和学園(27)日々輝学園  敗戦

 

 

顧問より

:日々輝学園と試合をするはずだった高校の辞退により、急遽清和学園とともに、合同チームを結成し、試合に臨みました。生徒たちにとっては、初めてのダブルヘッダーということで、体力的にも、精神的にも苦しい試合となりました。

『苦しい時こそ声を出す』、声を出すことの大切さを実感できた試合でした。

 6月の全国予選はトーナメントです。負ければ終わりです。頂点を目指し、部員全員で一生懸命努力していきます。応援よろしくお願いします!



        ☆新人戦結果(4試合目を除く)☆


       2勝
1敗

      全国予選で

  緑陽旋風を巻き起こします!